医療に携わる職場で働くために絶対必要な資格の話

介護福祉士について

医療福祉系の国家資格の中でも、高齢化とともに注目度が高まっている介護福祉士について紹介していきます。
その仕事内容は、お年寄りや身体の不自由な方に対して、入浴・排せつ・食事などの介護を行うことです。
その他にも、利用者の家族に対して介護のアドバイスをしたり、現場で指導を行ったりします。
利用者の日常生活を手伝うだけでなく、現場のリーダーとしての役割を担うことが期待されています。

その仕事場所は、「在宅」と「施設」に分けることができます。
「在宅」は、利用者の自宅に赴き、介護サービスを提供します。
「施設」は、特別養護老人ホーム・有料老人ホーム・医療機関などの施設で働きます。
介護に関する専門知識や技術を持っていることから、様々な場所での活躍が求められています。

介護福祉士の試験は年1回実施されます。
学歴・年齢・性別は問われませんが、受験資格が必要になります。
受験資格を取得するためには、「3年以上の実務経験」に加え、「450時間の実務者研修の修了」が必要です。
もしくは「福祉系高等学校の卒業」でも取得できます。法改正などにより出題される内容は変わるため、注意しなければなりません。
常に最新のテキストや問題集で勉強し、最新の試験情報を入手することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です